ご当地フォルムカード愛知県


24s_aichi

【ひつまぶし】

2016年7月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G8

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■ひつまぶし(愛知県)

うなぎ蒲焼き料理のひとつで、名古屋の名物。一膳目はそのままうなぎの味で、二膳目は薬味を加え、三膳目はお茶漬け、最後はお好みで。

*「ひつまぶし」という名称は、あつた蓬萊軒(名古屋市)の登録商標です。


img_area_20_v7

【みそ煮込みうどん】

2015年3月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G7

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■みそ煮込みうどん(愛知県)

濃厚な赤味噌のつゆと硬めの麺が特徴の名物。月見卵の黄身を崩して麺につけて食べるのが人気。土鍋のふたを取り皿として使う場合もある。


img_area_20_v6

【喫茶店のモーニング】

[:ja]2014年4月発売[:]

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G6

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■喫茶店のモーニング(愛知県)

朝の喫茶店でのサービス定番。食べ物はトーストやゆで卵などがある。発祥の地とされる一宮市では、市民の間にライフスタイルとして根づいている。


img_area_20_v5

【八丁味噌】

2013年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G5

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■八丁味噌(愛知県)

岡崎市八帖町(旧八丁村)で、江戸時代初期からつくり続けられている伝統的な味噌。大豆と塩のみを用いて大きな木桶に仕込み、代々使い続けてきた川石(玉石)を山のように積み上げて重石とし、二夏二冬以上の長い間、熟成される。


img_area_20_v4

【犬山城】

2012年2月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G4

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■犬山城(愛知県)

天守が国宝に指定された四つの城(国宝4城)のうちのひとつ。木曽川を見下ろす天守閣からの眺めはまさに絶景。


img_area_20_v3

【織田信長】

2011年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G3

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■織田信長(愛知県)

戦国時代から安土桃山時代にかけて、天下統一を目指した織田信長。県内には那古野城址や後に再建された清洲城、熱田神宮などゆかりの地が点在。当時の面影を伝えている。


img_area_20_v2

【天むす】

2010年7月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170mm x 高さ 133 mm
品番:PB24G2

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■天むす(愛知県)

きしめん、味噌カツと並ぶ名古屋の味「天むす」。ルーツは三重県との説もありますが、今やすっかり名古屋名物。コーン油でサクッと揚げた小エビの天ぷらを具に握ったおむすびの旨いこと! 味付けは門外不出だそうです。


img_area_20

【鯱】

2009年9月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 100mm x 高さ 170mm
品番:PB27GFC

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■鯱(愛知県)

名古屋城の金鯱は、頭部がとても大きくデフォルメされています。これは当時の名工が、棟上に飾る彫刻として遠望した時のバランスを考えて作ったため。今の金鯱は再建されたもので、ブロンズの原型に漆を焼きつけた上に、銅板に厚さ0.15mmの金板をつけた「うろこ」が、雌(南側)には236枚、雄(北側)には194枚貼り付けられています。