ご当地フォルムカード兵庫県


2017・2018限定版
【日本酒】

2017年8月~2018年9月 限定販売

フォルムカード(ミニカード付き)1枚 250円(税込)
フォルムカード:幅 170 mm x 高さ 133 mm
ミニカード:幅 80 mm x 高さ 63 mm
品番:PB31G9

※フォルムカードを郵送する際は、120円分の切手をお貼り下さい。
※ミニカードはそのまま郵送することはできません。

■日本酒(兵庫県)

日本一*の酒どころ。灘地方の酒造りは1624年の西宮における醸造が最初とされるが、伝承的にはさらに古く、元弘・建武の昔から行われていたと伝えられる。

*「国税庁統計情報/平成22年度間接税酒税都道府県別の製成数量」

 


31s_hyogo

【神戸夜景】

2016年7月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB31G8

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■神戸夜景(兵庫県)

1,000万ドルの夜景と称される神戸夜景。海と山に包まれた自然と異国情緒溢れる街並が生み出す美しさ。


img_area_26_v7

【明石海峡大橋】

2015年3月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB31G7

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■明石海峡大橋(兵庫県)

10年の歳月をかけて1998(平成10)年に完成した世界最大の吊橋は、大阪湾と瀬戸内海を繋ぐ明石海峡に架かる。橋長3,911m、中央支間長1,991m。


img_area_26_v6

【神戸北野異人館・風見鶏の館】

2014年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 100 mm x 高さ 170 mm
品番:PB31G6

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■神戸北野異人館・風見鶏の館(兵庫県)

神戸を代表する観光地のひとつ北野・山本地区には、開港時に外国人の住宅として異人館が多く建てられた。その中でも、国の重要文化財に指定されている「風見鶏の館」は街のシンボルとして親しまれている。尖塔の上の風見鶏は、風向きを知る役割だけではなく、魔除けの意味も持っているという。


img_area_26_v5

【竹田城跡】

2013年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB31G5

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■竹田城跡(兵庫県)

標高353.7mの山頂に位置する国内屈指の山城遺構。秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に発生する霧により雲海に包まれ、天空に浮かぶ城のように幻想的な光景を見せる。


img_area_26_v4

【明石焼(玉子焼)】

2012年2月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 100 mm x 高さ 170 mm
品番:PB31G4

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■明石焼(玉子焼)(兵庫県)

ふんわりとろ~りの食感で地元では「玉子焼」の名で親しまれ、明石名物の代表的存在。約160年の歴史を持つとされ、たこ焼きのルーツとなったといわれている。


img_area_26_v3

【姫路城】

2011年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB31G3

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■姫路城(兵庫県)

1993(平成5)年、「法隆寺地域の仏教建造物」とともに日本初※の世界遺産(文化遺産)に登録された姫路城。現存12天守のひとつにして、国宝などにも指定されている。

※同年には、自然遺産として「屋久島」「白神山地」も同時に世界遺産に登録されている。


img_area_26_v2

【神戸スペシャル】

2010年7月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170mm x 高さ 133 mm
品番:PB31G2

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■神戸スペシャル(兵庫県)

古くから中国大陸や朝鮮半島の港と交流していた神戸港。鎖国政策下の江戸時代には、国内交通の要衝としての役割を果たしました。開港後は世界を代表する港となり、さまざまな欧米文化の窓となりました。


img_area_26

【コウノトリ】

2009年9月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170mm x 高さ 133mm
品番:PB34GFC

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■コウノトリ(兵庫県)

コウノトリはIUCN(国際自然保護連合)によって、近絶滅類に指定されている鳥です。野生のコウノトリは、ロシアのアムール川中流域や中国の黒龍江省などに2,500~4,000羽が生育するのみ。日本では江戸時代までは北海道以外全域に生息していましたが、明治以降乱獲や自然環境の悪化によって激減しました。兵庫県豊岡市では、市民と行政が一体となってコウノトリの保護活動を行っています。