ご当地フォルムカード福井県


21s_fukui

【一乗谷朝倉氏遺跡】

2016年7月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB21G8

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■一乗谷朝倉氏遺跡(福井県)

戦国時代の朝倉氏五代の城下町跡。発掘作業により、特別史跡(一乗谷城ほか)、特別名勝(諏訪館跡庭園ほか)、重要文化財(朝倉氏遺跡出土品)という「国の三重指定」*を受け、文化財としての高い価値を誇る。遺跡のシンボルは義景館跡の入口に建つ唐門。

*「国の三重指定」:重要文化財、特別史跡、特別名勝の3つに指定されている文化財が揃っていること。


img_area_30_v7

【東尋坊】

2015年3月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB21G7

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■東尋坊(福井県)

県を代表する観光名所。約1kmにわたって続くゴツゴツとした岩や断崖は迫力満点。水面から25mの高さから望む景色は絶景。「輝石安山岩の柱状節理」という地質学的にも珍しい奇岩は、世界に3箇所しかないといわれる。


img_area_30_v6

【丸岡城】

2014年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB21G6

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■丸岡城(福井県)

1576(天正4)年に築かれた別名・霞ヶ城。現存12天守の中では最古の建築様式をもつ。国の重要文化財。


img_area_30_v5

【若狭塗箸】

2013年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB21G5

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■若狭塗箸(福井県)

主に小浜市で製造される伝統工芸品の若狭塗。中でも若狭塗箸は塗箸の生産量日本一*を誇っている。貝殻や卵殻を様々な色漆で塗り重ね、その漆の層を研ぎ出し磨き上げることで、美しい海底の様が描き出される。

*若狭塗箸協同組合ホームページより


img_area_30_v4

【水仙】

2012年2月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170 mm x 高さ 133 mm
品番:PB21G4

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■水仙(福井県)

越前海岸は、水仙の日本三大群生地のひとつ。冬の季節風をうけて咲く越前水仙は、高貴な香りと清楚な美しさで絶大な人気を誇り、毎年1月には「水仙まつり」が開かれる。

越前海岸(越前町・南越前町・福井市)一帯では毎年1月に「水仙まつり」が開催されます。期間中、一帯は高貴な香りに包まれ、清楚な美しさで埋め尽くされることでしょう。その「水仙」がご当地フォルムカード(第4弾:福井県 水仙)に登場です。

福井県までお越しの際には、是非お土産にご当地フォルムカード(第4弾:福井県 水仙)をお求めください。ご当地フォルムカード(第4弾:福井県 水仙)は、福井県内の郵便局窓口にてお求めいただけます。

当地フォルムカードは、お子様から大人まで喜ばれる、旅のお土産好適品です。お土産だけではなく、旅先からのお便りにも是非ご利用下さい。


img_area_30_v3

【眼鏡】

2011年4月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 100 mm x 高さ 170 mm
品番:PB21G3

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■眼鏡(福井県)

鯖江市を中心とする福井県の眼鏡産業は100年を超える歴史を持つ。その高い技術力で眼鏡枠は国内出荷金額の約95%※を誇り、海外への進出も遂げている。

※経済産業省「工業統計調査」(平成20年)より


img_area_30_v2

【越前ガニ】

2010年7月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170mm x 高さ 133 mm
品番:PB21G2

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■越前ガニ(福井県)

福井県の冬を代表する特産品といえば越前ガニ。漁場付近の水深が、段々畑のように深くなっているので、魚やカニが生息しやすいため、美味しいカニに育つのだとか。他の地域では見られない、独特の漁場だそうです。


img_area_30

【恐竜】

2009年9月発売

定形外郵便 1枚 185円(税込)
寸法:幅 170mm x 高さ 133mm
品番:PB24GFC

※郵便で送る際は、120円分の切手をお貼り下さい。

■恐竜(福井県)

福井県勝山市北谷では、1989年(平成元年)より断続的に恐竜化石の発掘調査を行っています。その結果、鳥脚類やイグアノドン類など多くの恐竜の骨が採集されました。現場から恐竜の足跡化石も多く発見されたため、一帯にはたくさんの恐竜の群れが生息していたことが分かったそうです。